ユニットバス物件のメリット・デメリットって何だ?

 

単身者物件に比較的多いのが「ユニットバス」物件です。

 

最初からトイレ・お風呂・洗面所をセットで作り
それを現場(部屋)で組み立てて設置しているため
お風呂とトイレが壁無しで1部屋になっているこの仕様。

 

人によってはお部屋探しの時点で最初に除外項目に選ぶほど
OK・NGが分かれる点ですよね。

では、あえてユニットバス物件を選ぶメリットはあるのか?
デメリットはどのくらいあるのか?
考えてみました。

 

メリットで最初に挙がる点は、やはり「家賃が安い」事ですね。

 

ユニットバスかバス・トイレ別の違い以外は全く同じ条件の物件が
2つあったとしたら、100%ユニットバス物件の方が安く設定されています。

 

また、掃除が簡単に済むというのもあります。

全部シャワーで一気に洗い流せば良いのですから。
(その際、トイレットペーパーは退避させておかないと使い物にならなくなりますが…)

 

デメリットで一番に挙げるのは
「お風呂の好きな人にとっては非常にストレスが溜まりやすい」事でしょうか。

 

まず、バストイレ別であれば洗い場になっている場所にトイレがあるので
洗い場は必然的にバスタブの中になります。

 

シャワー派であれば問題になりませんが、湯船につかりたい派だと
かなり面倒な事になります。(お湯を抜いてから洗うなど)

 

また、湯船につかってリラックスしている最中
常に視界の端にトイレが見えているのが嫌な方もいるでしょう。

 

更に、ユニットバスはどうしてもカビが生えやすいという欠点もあります。
(前述の通り掃除はしやすいので、マメに掃除して換気扇を回すことで
軽減は可能です)

デメリットを考えた上で、それが自分の中で妥協できる範囲であれば
ユニット物件はお得物件、と言えそうです。